患者様各位

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し緊急事態宣言が発令された中、大変不安な日々をお過ごしのことと存じます。
 歯科医院は歯科医師、歯科衛生士、歯科助手にとって感染リスクが高いと言われておりますが私たちは新型コロナウイルス感染症拡大以前からウイルス感染対策(肝炎やエイズ等)を行っております。
 現在のところ我が国では歯科治療を通じて歯科医師や歯科衛生士から患者さんへ感染した事例の報告はありません。

・歯の痛みを我慢すると食事がとれなくなり体力、免疫が落ちてしまいます。

・糖尿病や人工透析中など持病がある方は歯周病の悪化が全身状況の悪化につながる可能性が高くなります。

・口の中が不衛生だと細菌性の肺炎リスクが上がり新型コロナ性肺炎に罹患した際、重症化しやすいことが知られています。

・介護現場等での口腔環境の悪化は特にリスクを高めます。

今は誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ命を守るためにも口腔ケアが大事です。

診療の継続、延期、メンテナンスの継続などご自身での判断をなさらずに是非ご相談ください 。
来院することが難しい場合は電話等により診療を行いお薬を処方することなども可能であります。

今後も私たちは皆様に安全安心な歯科医療体制を提供するために頑張ってまいります。