歯がしみる

冷たいもの 熱いもの 甘いもの あるいはお風呂に入って身体が温まってきたら

歯がしみる、歯が痛むと感じた方はたくさんいると思います。

それは何が原因でしみているのでしょう。

当然、大きな虫歯があればしみるでしょうし痛むでしょう。

しかし、しみる原因は虫歯だけではないのです。

ここでは、歯がしみることについて書いていこうと思います。


まず、しみると感じたら皆さんは虫歯を疑うでしょう。

正解です。ほとんどの場合しみる原因は虫歯です。しかしエナメル質の範囲内では

歯はまだしみません。エナメル質の下の象牙質にまで虫歯が進行してきますと

まず、冷たい水などにしみを感じるようになります。がまんして放置しておくと(かなりしみる、あるいは痛むはずですが)

今度は温かい物にもしみるようになります。さらに放置すると冷たいものにはしみなくなり、

暖かいものにだけしみるようになります。冷たいものはむしろ気持ちよく感じる場合もあります。

このあたりから歯髄(神経)が細菌に汚染され、化膿してくると身体が温まった時や甘い物に痛みを感じるようになります。

そして最後に何も感じなくなってしまいます。これは歯髄(神経)が死んでしまったからです。

ここまでくると治療はちょっとやっかいです。そうなる前に定期健診を受けて虫歯があれば早期に治療してください。

次回は虫歯以外で歯がしみることについて書きます。




歯がしみると思ったら検診を!
大阪府門真市の松下歯科医院へ