1
歯みがきについて

★歯ブラシの選び方は?磨き方は?
○歯ブラシは、毛の部分が小さいものの方が奥歯までよく磨けます。柄は、まっすぐの方がどの歯にも当てやすくなります。

※歯の表面に、直角にブラシの先を当てるのが基本です。
○大きな動きではなく、1~2本だけを順に磨くつもりで。
○強く当て過ぎないようにしましょう。歯もすり減ってしまいます。
歯ブラシに水を付けただけでも歯垢を取ることは可能です。
でも、水だけだと、ステインと呼ばれる茶渋や食べ物に含まれる色素が歯に残り、茶色に変色することがあります。
このステインがムシ歯になることはありませんが、歯の表面に残っているとザラザラになり、汚れが残りやすくなります。

2
フッ素について

歯の表面のエナメル質は、体の中で一番硬い組織です。
しかし、このエナメル質も山には弱く、口の中にいるミュータンス菌が食べ物の栄養を取り入れてつくりだす産によって溶かされます。
これがムシ歯のはじまりです。
そこで、エナメル質そのものを強くするために、フッ素が効果的です。
★もっとも酸に弱い生え始めの頃の歯に、フッ素を塗るとより効果を発揮します。
★ムシ歯予防のためのフッ素は、歯を変色させません。黒くなるフッ素は、初期のムシ歯の進行を防止するためのものです。
★一回フッ素を塗っただけでは、大きな効果は期待できません。
定期的にかかりつけ医で受診するようにしましょう。
※ミュータンス菌
ラクトバチラス菌と同じく、ムシ歯の原因菌のひとつ。

3
キシリトールとは?

キシリトールとは、白樺や樫の樹木から抽出される天然の甘味料です。
果物、野菜などにも含まれています。(例:いちご、レタス、ほうれん草など)
○歯垢(プラーク)をつくる材料になりません。
○歯を溶かす酸をつくる材料になりません。
○膵液の分泌もふやします。(膵液には、抗菌作用があります。)

4
6歳臼歯がムシ歯になりやすい理由

○一番奥の乳歯の後ろに生えてくるので、乳歯とまちがえたり、生えたことを知らずにいる場合が多い。
○一番奥の乳歯の後ろに生えてくるので、歯ブラシが届きにくい。
○頭を出してから、完全に生えるまでに、何カ月もかかるため、歯が汚れやすい期間が長い。
○歯の溝が深く、汚れがたまりやすい。
などがあげられます。

5
6歳臼歯の上手なみがき方

○6歳臼歯の歯みがきには、特に時間をかけましょう。
○乳歯より背の低い6歳臼歯は、ふつうの奥歯のみがき方では、毛先が届きません。
○歯ブラシの口を真横から入れ、毛先を噛み合わせの部分に押し付けるようにしてみがきます。


6
おやつの指導
おやつを上手に選んで楽しく食べよう!

「葉はたくさんしっかりみがいているのにムシ歯がたくさん」これは、糖分のとりすぎと深い関係があります。歯の健康を考えると、糖分の摂取は、1日約40gが適量ですが、食事に約20g含まれています。残りの20gがおやつとして摂取してよい量です。これは、ペットシュガー3本分ぐらいですので、これをもとにおやつの量を考えてみましょう。


(資料提供:社団法人大阪府歯科医師会)